喪服の夢

別離、別れの儀式の象徴です。喪服を身に着けるのは、何かに別れを告げようとする気持ちの表れです。

家の中で喪服を見たり、喪服を着た人を見る

近親者の不幸を暗示します。

喪服を着た自分か鏡に映っている

あなたの身の上に近く悲しい出来事が起こる前兆です。病気や事故にはくれぐれも用心を。

大勢の人の前で喪服を着る

あなたが自分の嫌いな面とさよならができるという暗示です。新しく生まれ変わったような気持ちで、人前に立てるという意味です。

喪服姿の人が集まる

元気な人の夢なら、事態が好転に向かう前兆です。病人が見た場合には自分の死の予感。

関連キーワード
スポンサーリンク

このページの先頭へ