誕生日占い

性格占い
あなたは自分の性格を知っていますか?誕生数に暗示されているのは、あなたの無意識にある個性なのです。自分の知らない一面を発見すること、それが幸福への第一歩です。
相性占い
相性の善し悪しは、相手を理解することである程度解消される問題です。お互いに折り合いをつけながら何とかやっていこう、そんな前向きな気持ちで相手との相性を調べてみてください。
運勢占い
人は、生まれたその日から運命サイクルに支配されています。数字に暗示された意味は、あなたの未来や現在の状況を教えてくれます。
スポンサーリンク

誕生日占いとは

誕生日占いでは、あなたの生年月日を利用して、あなたの一生を支配している「基本運」を知ることができます。この基本運は、あなたが気づいていない前世からの宿命であったり、あなたが気づいていない性格を理解する手がかりになるものです。

しかもこの「基本運」は、一生不変のもの。あなたがこの世に誕生し、この世を去るまで、一生つきまとっていく「数」であり、「運」でもあるのです。自分は嫌だと思ったとしても、その「基本運」に逆らって生きていくことはできません。

自分の一生を素晴らしいものにしていく課程は、自分の一生につきまとっているこの「基本運」を素直に理解していくことであるともいえるでしょう。

自分の持っている宿命を知ることによって、人間はより生き生きと、自分らしく力を発揮していけるのではないでしょうか。

その人それぞれの個性をはっきり物語るものとして、生年月日の「数」をもとにして、一生を支配している「誕生数」を計算します。

つまり、生年月日の中にある数字をすべて合計することによって、算出される数が、その人の運命を支配する重要な数なのです。

カバラ数秘術の考えにもとづいた誕生日占いは、合計された数字を、一桁の数になるまで順番に加算し、いちばん最後にたどりついた「1」から「9」までの数を、その人の「誕生数」とします。

誕生数の計算方法

生年月日をもとに誕生数を計算する場合、次のような方法で行います。

① まず、生まれた年を構成している数字をすべて足していきます。二桁になった場合、その十の位と一の位の数をさらに足し、一桁になるまで繰り返します。

例.1992年12月13日生まれの人
1+9+9+2=21→2+1=3

② 次に、生まれた月を構成している数字を足していきます。同様に足し算を繰り返し、一桁の数になるまで合計していきます。

例.1+2=3

③ 生まれた日を構成している数字も同様に。

例.1+3=4

④ ①と②と③を足し合わせます。ただし、「11」「22」になる場合にかぎり、そこでストップします。

例.3+3+4=10→1+0=1

1992年12月13生まれの人の誕生数は「1」となりました。

※カバラ数秘術は、本来とても複雑な計算式を使います。また各流派によって、計算方法が異なる場合があります。

このページの先頭へ