高い所から落ちる夢

これは空からの墜落ではなく、崖やビルなどから落ちるたぐいの夢です。

これは、失敗に対する不安、地位を失うことへの不安、あるいは自信のなさなど、あなたの活力が衰え、心が不安定な状態にあることを表しています。

多くは落ちていく途中でハッとして目が覚めますが、激突することもまれではありません。かと思うと、ほとんど痛手もなくふんわりと落ちたりします。

その衝撃の度合いは、不安が実現したときに受けるであろう精神的ショックを表し、激突は完全な降参、ふんわりと落ちるのは、失敗してもショックをやわらげる工夫をなそうとしていることを示します。

途中で目を覚ますのは、不安から逃れようとする一種のあがきで、この場合は、不安が克服されるまで、繰りかえし同じたぐいの夢を見るはめになるでしょう。

また、落ちる時間が長く、際限がないように感じる夢には、不安のほかに無意識世界への落下という意味があり、そんなときは、ものすごい声をあげて飛び起きることも少なくありません。

以上のように、高い所から落ちる夢は、落ち方が診断のポイントになりますが、ほかに、どこから落ちるかということも考えてみる必要があります。

まず、この種の夢で最も多く見られる崖からの落下は、瀬戸際に立たされるような足すくみの不安から生まれます。

一口にいえば、ものごとに追いこまれた状態を表しますが、たぶんにその人の性格を反映しており、プレッシャーに弱い人が見やすい夢といってよいでしょう。

これに比べると、ビルなどの建物から落ちる夢は、対人関係や社会的信用にこだわる性格の人が見やすく、だれかに突き落とされるといった形をとることもまれではありません。

橋から落ちるのは、約束、契約などのきずなが破れることへの不安で、営業的な仕事についている人に特徴的な夢です。

ちなみに、これら落ちる夢とよく似たものに、飛び降りる夢というのがありますが、こちらは不安への落下ではなく、思いきって何かに身を投ずること、つまり決断を表します。

関連キーワード
スポンサーリンク

このページの先頭へ