何かに追われる夢

これは大変よく見る夢で、ほぼ一生を通じて見つづけます。これは"生活に追われる"という言葉があるように、私たちが、一生を通じて何かに追われる毎日を送っていることを示しています。

その気持ちを投影したのが、この追われる夢なのです。したがってこの夢は、一種の強迫観念をともなっているのが特徴で、追われるというより、何かから逃げまくる感じの夢になることも少なくありません。

ではあなたは、いったい何に追われ、また何から逃げだそうとしているのでしょう?

まずよくあるのが、知っている人物から追われる夢です。両親をはじめとする家族、友人、知人、先生、上司……。これらは、その人の支配力にあなたが強く圧迫されていることを示しています。立ち向かおうにも、相手の力が大きすぎ、後退せざるをえません。

あるいは家庭でのしめつけや、受験勉強、仕事のノルマ、人との交際が、両親や先生や上司などの人物に置きかえられて表現されることもあります。

知らない顔だけれども、警官、僧侶、武士、医者など、身分がわかる人物に追われる場合も、その身分が示す意味合いから、自分が何に追われているかの見当がつきます。悪党や暴漢は身分ではありませんが、これは危険が身近に迫っていることの警告です。

また、動物に追われる夢も、多くはその動物が暗示する人物、ないしは人生の問題にあなたが追われていることを教えています。

たとえば、追ってくるのが犬ならば、つきまとわれることのわずらわしさ、猫ならばすりよってくる甘え、蛇ならばからみつく束縛から逃げようとしているのだと考えてみてください。

これに対し、怪物など得体の知れない存在に追われるのは、社会の不条理に対する漠然とした恐怖、自分のなかにうごめく魔的な欲望からの逃亡です。見えない存在や、影のようなたぐいに追われる夢も、同様の解釈ができるでしょう。

特別なケースとしては、追われてみたいという逆の心理が追われる夢を生みだすこともあります。その典型が別れた恋人に追われる夢で、ここには、よりを戻したいという願望と、自分はまだまだ追われるだけの魅力があるのだという二つの思いが交錯しています。

また、追われる夢は、しばしば襲われる夢と一体になって現れますが、この場合も、どちらかというと、追われたい、襲われたいという逆の心理を考えたほうがよいでしょう。

ちなみに、追う夢は追求を表し、これも一生を通じて繰りかえし現れます。追われる夢は受け身タイプの人、追う夢は積極的な人が見やすいともいわれています。

関連キーワード
スポンサーリンク

このページの先頭へ