鍵の夢

鍵

ものの開け閉めに欠かせない鍵は、夢の世界でも重要なシンボルです。夢に出てくる鍵は、あなたの中に眠る能力や古い記憶や経験、感情を意味します。

鍵でドアを開ける

何かよいことを暗示しています。

ドアに鍵をかける

嫌な過去を封印したいという気持ちの表れです。

鍵をかけ忘れる

鍵をかけ忘れて何度も戻る夢は、その人の用心深さを表しています。夢の中で何度も同じ動作を繰り返すことで、自分に念を押しているということです。

鍵束が出てくる

新しい経験に対して心を開きなさい、という暗示です。

鍵穴を覗く

あなたの知識や見通しが何らかの方法で制限されている状態、あるいはあなたの疎外感を表すサインです。また、夢に出てくる鍵穴は、伝統的に女性らしさや、性格のもっともデリケートな部分の象徴と考えられています。

鍵が鍵穴に合わない

行動が不適切であることを表します。覚醒時での自分の知識(鍵)を改めるか、それともその知識の使い方(鍵穴)を変えるかという選択を迫られているようです。

また、鍵穴に鍵を入れることが性行為を象徴することから、性の不一致に対する不安やいらだちを表していることがあります。

鍵の素材

鍵が何で出来ているかも重要ポイントです。ありふれた素材になればなるほど、問題解決に近づいている証拠です。問題の答えは自分自身の中にありますが、以前隠した問題解決能力を誘発するためには、しばしば現実的な象徴が必要なのです。ちなみに銀の鍵は一時的なパワー、金の鍵は精神的なパワーを象徴しています。

関連キーワード
スポンサーリンク

このページの先頭へ