16

雷地予の時、諸侯を動かして戦争を行っても良い。

卦の意味
「予」は喜び楽しむことですが、この喜びは予め準備していたものが表れての喜びを意味します。上卦は雷、下卦は地で地上に雷が鳴り響くとみます。四交の陽に五つの陰が応ずる、動くもの(雷)に、従う(坤)のです。天地の動きをみて時に順応して動けば、今まで蓄えてきたエネルギーが発散されて喜びごとがあります。指導者を立て、軍隊を動かせば、民は心服してついてきて治まるというのです。雷地予のときは、まるで外国旅行の準備をしているときのように嬉しく楽しいときです。あるいは春が訪れたときのように喜びあふれるときです。怠惰になったり、慢心して脱線しやすいときでもありますので油断大敵です。

訴訟
和解を最優先にせよ。もしも争えば長引いたうえに負ける。

爻辞(四爻)
周りは自分を頼りにして楽しんでいる。大いに得ることがある。疑惑を抱かず至誠をもって事に当たれば、必ず協力者がもらえる。