14

大有

火天大有の時、望みは大いにかなう。

卦の意味
「大有」は大いに所有するということ。上卦の火(太陽)が、下卦の天に上って、輝いている状態です。卦主である五爻の陰爻が、他の陽爻を柔和の徳で従えているので、大有というのです。また、火は、季節に当てると夏、天は秋です。夏から秋にかけて木の実は熟し、収穫のときで、穀物は倉庫に満ちます。このように、財産・物質を多く持つことができる豊かな卦であり、順風満帆の盛運のときです。しかし、決して有頂天になってはいけません。現在の盛運は自分の実力のみでなく、天の助けがあってのことと自覚し、謙虚な気持ちを忘れないことが、このすばらしい幸運を長続きさせることになるのです。

仕事
前途は明るい。才能に恵まれ、まわりの人からも認められる。とくに実力のある人は、すばらしいチャンスに恵まれる。商売は繁盛し、経済的にも豊かになる。ただし思い上がりは禁物。出世のときだが油断するなかれ。

爻辞(二爻)
大きな車に重い荷物を積んで遠くへ行っても問題はない。