24

地雷復(ちらいふく)の時、望みはかなう。どのように動いても障害はない。仲間が集まってきて問題はない。繰り返し事を行なっていれば、七日で新しい展開がある。進んで良い。

卦の意味
「復」は帰る、戻ること。坤為地の初爻が陽となった卦が地雷復です。山地剥、坤為地となった後で、一陽が五陰爻の下に来復して地雷復となったのです。上卦が地、下卦が雷で、長い間地中にあった雷がようやく地上に出て活動しようとするさまをあらわしています。地雷復のときは、永く苦しい冬が去って、やっと希望の春が立ち帰ってきたときです。また、元へ戻る、逆戻りするという卦意もあり、各爻では、帰り方、戻り方をストーリーであらわしています。復業の卦であり、復縁や復職、遺失物の占には、よい卦とします。

失せ物
東の方、幾重にも積み重ねた物の下または、地中を探せ。

爻辞(上爻)
帰る道を迷い失う。凶。天災と人災に遭う。こうした者が戦争を行なえば大敗する。国君の力を借りても勝てるものではない。十年たっても敵を征伐することはできない。