6

天水訟の時、誠があっても塞がって通じない。天命を尊重して中止するなら吉。最後までいい分を貫こうとすれば凶。有識者に相談することだ。大川を渡ってはならない。

卦の意味
「訟」は訴えること、訴訟、裁判のこと。上卦が天で、下卦が水。天が上に行き水は下に流れて、両者違った方向に行きます。また下の坎(陰険)が、上の乾(剛健)と対立し、相背いて争っている象です。したがって、天水訟のときは激しい対立やもめごとのあるときです。こうしたときは、自分が正しいという信念を貫いて争うのですが、感情的になってしまい最後まで争って勝っても、よい結果は得られません。第三者に相談するなどして、冷静に考え、強引なやり方は改めることです。

待ち人
待っても無駄。連絡の行き違いあり。

爻辞(三爻)
先祖伝来の領地を食いつなぐだけで満足すべきである。恭順を堅く守っていけば、危ういことがあっても最終的には吉となる。王の命令で仕事をすることがあっても、自分の成功として誇ってはならない。