57

巽為風(そんいふう)の時は、小事なら望みはかなう。進んで良い。有識者と相談することだ。

卦の意味
「巽」は従う、へりくだる、伏入すること。巽為風は巽の卦が二つ重なってその意味を強めています。気持ちが不安定で動揺するときは、謙虚に人に従うことが大切です。この卦は、風が各地を吹きわたるように、上から命令を重ねて、下に徹底させ従わせるという意味もあります。巽為風のときは、進退に迷ったり、決断が鈍ったり、疑惑を持ったり、動揺して態度が定まらないときです。こうしたときは、信頼できる上司、先輩の意見をよく聞いて従うことです。謙虚に人に接して、柔軟に対処すれば、悪い卦ではありません。営業や外交には向いた卦とします。

家庭
何かと気ぜわしく落ち着かない。多少の波風や障害があるが、年長者を立てその意見に従うと吉。空き巣に注意。

爻辞(二爻)
寝台の下にひざまずく。神主や巫女を多く用いて神に祈れば、吉であって問題はない。