61

中孚

風沢中孚(ふうたくちゅうふ)の時、豚や魚にまでその誠が及んで吉。大川を渡っても良い。正しい態度であれば良い。

卦の意味
「中孚」は誠、真心ということ。この卦は、上卦が悦ぶ(兌)、下卦が従う(巽)で、上と下の口が三爻・四爻で向かい合って相親しむ象です。親和する、信頼する、誠意が通じるという意味です。すなわち、いかなる障害にも動じない強い絆で結ばれた相思相愛の姿を表しています。したがって風沢中孚のときは、心を開いて真心をもって行なえば、相手に伝わり、何事も順調に進むときです。ただし、誠の卦だけに、心に偽りのある人にとってはすべて裏目に出るときでしょう。

交友
大吉。対人関係は最高によいとき。意気投合して、互いの誠意が通じ合う。人間関係を大切にすることが開運につながるときなので、真心をもって人に接すること。親しい者のために散財するという暗示も。

爻辞(初爻)
信じるべきかどうか吟味して信じるなら吉。他に心を移せば安定を失う。