47

沢水困(たくすいこん)の時、望みはかなう。正しい態度でいることだ。大人は吉で、必死に頑張り問題はない。このような時は、いくら訴えても信じてもらえない。

卦の意味
「困」は困窮、苦しむこと。「困」の字は、口の中に木があり、外に伸びようとしても抑えられて苦しむ字形です。この卦は、上卦の沢から水が涸れて、下卦に水が溜まっている、沢に水がない状態をあらわしています。また、二爻・四爻・五爻の陽爻が陰爻に覆われて、動きがとれないで苦しんでいる象です。したがって、沢水困のときは、塞いでも塞いでも底から水が漏れるように、困窮艱難のなかにあり、簡単には抜け出せない時です。しかしこれ以上悪くなることはないと考え、逃げることなく苦難を喜んで受け入れ、信念を持って所信を貫くことが必要です。四大難卦の一つです。

交友
何を言っても信じてもらえない。親しい間柄であっても言い分が通らずに苦しむ。無理にわかってもらわぬほうがよい。しばらくはケンカせずに和を保持することにのみ専念せよ。

爻辞(三爻)
身のほど忘れて行くために、石に足をとられ、とげだらけのいばらにからまれる。家に帰れば妻は家出していない。凶。