39

水山蹇(すいざんけん)の時は平坦な西南方位に行くのが良く、険しい東北方位に行くのはよろしくない。有識者に相談することだ。正しい態度にして吉。

卦の意味
「蹇」は、足の不自由な人、あしなえのことです。行き悩む、進退窮するの意味で、寒さに足が凍えて進めない状態を表しています。この卦の上卦には水があり、前に進もうとすれば水流に巻き込まれ、あるいは穴の底に落ち込みます。また、この卦の下卦には山があり、退いても険しい山に立ち塞がれ、進退に窮します。このように、水山蹇のときは動けば危険に遭遇し、どうにも進むことのできないときです。屯、困、坎と並ぶ四大難卦の一つです。

転居
凶。強行すれば手違いが発生。

爻辞(二爻)
大臣が悩み苦しみつつ事に当たる。一身のためではない、国のためである。