5

水天需の時、誠があれば望みは大いにかなう。正しい態度にして吉。時期を待って大川を渡っても良い。

卦の意味
「需」は待つこと。天(乾)の上に雲(坎)があり、まだ雨とならない状態。下卦の剛健(乾)な君子は、上卦の危険(坎)を目の前にしてもあせらず、悠々と時期の到来を待つのです。したがってこの卦が出たら、待てば必ず来るときです。易には陽と陰があり、陽は積極的、陰は消極的を意味します。時には陽のときもあり、陰のときもありますが、陰のときは自重して待つべきであるのに、多くの人が妄進して失敗します。希望をもって鋭気を養いながら時を待つこと、これが需の教えです。飲食会食を楽しむ卦でもあります。

転居
現在の住所も不安だが、転居はもっともっと不安。

爻辞(二爻)
水辺の砂地で待つ。多少は非難されることがあるが、最終的には吉。