12

天地否の時には人の道がまともに行なわれない。君子がいかに正しい態度を守って事を行なおうとしても、行なえない。大人が追い出され、つまらぬ小人がのさばっている時だからである。

卦の意味
「否」は否定の否で、塞がって通じないこと。泰の卦と反対に、天が上卦、地が下卦にあり、天地が離れていって背きあう状態です。天地否のときは、正道が否定され、まさに不毛のときです。人間関係においては、小人(しょうじん)がのさばり、君子は遠ざけられて秩序が乱れている状態です。君子が事を行おうとしても、今はかえって災いを受けるだけです。このようなときは、君子はしばらく退いて、閉塞状態が解けるのを待つほかありません。

結婚
互いに理解が薄く、まとまらないことが多い。ゴールインしても夫婦問の争いが多くて離別しやすい。しばらくの間は、結婚については考えないほうがよい。

爻辞(二爻)
才徳のうすい小人ならば君子に従い吉を得る。有徳の大人ならば、この否塞の時に耐えて道を守ることにより、やがては願いごとがかなう。