37

家人

風火家人(ふうかかじん)の時は、女性が貞節をもって家を治めるのが良い。

卦の意味
「家人」は一家の人の意味。この卦は、五爻の陽(主人)と、一爻の陰(妻)が、それぞれ正しい位を得て、親和しているので家人といいます。夫と妻が互いに協力し合うことで家庭は調和がとれ、結束力が強まるというのです。また、上卦が風、下卦が火で、火が燃えて風を起こし、風がまた火の勢いを盛んにする、それぞれの働きが相応じて大事をなすという卦です。風火家人のときは、家庭を大切にして、また内部に目を向けるべきときです。乾に坎を包み込んでいる卦なので、悩みを持ち苦労するという意味があり、家庭内の問題を暗示しています。

恋愛
気になる相手は、やさしさがとりえだが、意志が強いとはいえない。しっかりとつかまえておこう。自信がありすぎて、相手を選びすぎると、なかなか恋愛できない。すでに交際中の人は、互いに才能や長所を認めあって楽しい交際が続く。ときには有力なライバルが現れることがあり、三角関係になることがある。遊戯的な恋愛は危険な結果となるから注意。現在の相手は、刺激が足りないかもしれないが、見直してみれば、いい人のはずだ。

爻辞(二爻)
我を通してはならない。自分の務めである台所の仕事を怠らず、従順な心を忘れなければ、吉。