41

山沢損(さんたくそん)の時、誠があれば大いに吉。問題はない。正しい態度にして進んで良い。祀るに何を用いるべきか。質素な二つの竹皿を供えれば良い。

卦の意味
「損」は減らす、損失、奉仕などの意味。自分が損して、それを人に施して益する、奉仕するという積極的な意味もあります。地天泰という完全な卦の三爻の陽爻を、上爻に移すと損の卦になります。このように下を損して、上を得するのです。小さな損が大きな得となるというような意味ですが、現在は損をしている状況の卦です。山沢損のときは、損をしなければならないようなときですが、目先の利益に惑わされず、誠意をもって行えば、後には必ずに大きな利益となって戻ってきます。損して得取る大きな心で進むことです。

恋愛
献身的に相手に尽くせば、時間はかかるが、きっと愛が通じる。自己中心的なあり方ではうまくいかない。相手の人が無口で内向的な性格ならば、こちらから、明るい態度で接すること。一緒に暗い感じにならないように。いつも喜びの心を忘れないようにしよう。

爻辞(初爻)
自分の仕事を投げ出しても、すみやかに人助けするなら、問題はない。事情をくみ取った上でほどほどに奉仕することだ。