5

水天需の時、誠があれば望みは大いにかなう。正しい態度にして吉。時期を待って大川を渡っても良い。

卦の意味
「需」は待つこと。天(乾)の上に雲(坎)があり、まだ雨とならない状態。下卦の剛健(乾)な君子は、上卦の危険(坎)を目の前にしてもあせらず、悠々と時期の到来を待つのです。したがってこの卦が出たら、待てば必ず来るときです。易には陽と陰があり、陽は積極的、陰は消極的を意味します。時には陽のときもあり、陰のときもありますが、陰のときは自重して待つべきであるのに、多くの人が妄進して失敗します。希望をもって鋭気を養いながら時を待つこと、これが需の教えです。飲食会食を楽しむ卦でもあります。

恋愛
恋人募集中の人は、相手のことをよく理解することができない。相手は、かなり気が変わりやすい人だから、慎重を要する。こちらから早急に事を運ぶと大きなトラブルに発展する。相手の様子を見ながら、すこし待ったほうがよい。すでに交際中の人は、目的に向かって進むところだが、相手に悩みがある。すぐにゴールインできないあせりはあるが、将来性は十分にある。デートで飲食を楽しみながら共に時の来るのを待つとよい。

爻辞(初爻)
郊外で待つ。変化を求めず、日常のことを続けておく。問題はない。