八遊星の意味を理解しましょう

吉凶方位盤」のそれぞれの方位に書かれている用語は、「八遊星」といい、「生気(せいき)天医(てんい)延年(えんねん)伏位(ふくい)」が吉方位、「絶命(ぜつめい)五鬼(ごき)六殺(ろくさつ)禍害(かがい)」が凶方位を表します。

八遊星には、それぞれに大きな特性があります。これは、各方位において、その人の本命卦によって、吉凶の強さが違ってくるということに加えて、おのおのが吉凶の意味を持っていることを示しています。

吉凶のランクは方位を選ぶときの目安にはなりますが、八宅風水では、八遊星の特性をよく理解して、自分がどのような状態になりたいのかをつかむことのほうが大切です。

次はあなたの「家の正確な方位」を求めましょう

このページの先頭へ