11

地天泰の時、つまらぬ小人が出て行き、大人が寄ってくる。吉にして望みはかなう。

卦の意味
「泰」は安泰、通じるということ。上卦は地、下卦は天で、天と地が上下逆の形をしています。しかし動きからみると、天の気は上昇し、地の気は下降し、陰陽が混ざり合い、調和し合って安定するのです。地天泰は天下泰平のめでたい卦なので、易者の看板のシンボルとしてよく用いられています。しかし、天下泰平はいつの世も長続きすることはありません。満つれば欠けるのが世の常です。衰運の兆しが見えるからこそ、謙虚な気持ちで現状維持を心がけることが大切です。

投資
今している投資はいい成績を上げる。新規は止めて現状維持がよい。

爻辞(二爻)
荒れ穢れたる人たちをも包容し、徒歩で大河を渡るような度量と勇気があり、遠きを忘れず疎遠の人々とも親しむ。私情にとらわれない公平さは、まさに中道にかなった行ないである。