64

未済

火水未済(かすいびせい)の時、努力すれば望みはかなう。小狐が川をほとんど渡りきろうとして力尽き、その尾を濡らしてしまう。良いことはない。

卦の意味
「未済」とは未だ済まずの意味。既済とは陰陽が反対の卦で、解釈も既済の反対になります。六つの爻が、下から陰陽と並びますが、全て正位になく不完全なので、未済というのです。上卦の火と、下卦の水が相和しない象なので、何事も手つかずで未完成、未熟な状態にあるというのがこの卦です。しかし、このような不完全な状態は永続するものではなく、混沌から徐々に秩序が生まれ、安定し循環していくのです。易経の六十四卦の配列の最後に火水未済があるのは、未完成であるからなお活動し続けることの表れで、いずれまた振り出しの乾為天に戻ることを意味しています。したがって、火水未済のときは、確かに困難な状況に違いありませんが、希望をもってこの困難がいつまで続くかをみるべきで、己の力を測っていたずらに焦って絶望してはならないということです。

運勢
今は思うように物事が進まず未完成な状態。最初に困難があっても、後日に吉あり。最後まで辛抱してやりとげるべし。時は熟しておらず、すべて計画準備のとき。粘り強く、辛抱強く努力して、好転する時期を待つべきだ。混沌として決断がつかないが、憂いの中にもやがて光明が出てくる。不和、見込み違い、難問、苦労が多いとき。

爻辞(五爻)
志操を貫けば、吉。悔いはない。君子として光り輝き、誠があって吉。