34

大壮

雷天大壮(らいてんたいそう)の時、正しい態度であれば良い。

卦の意味
「大壮」とは大いに壮んということ。下卦の天(三陽)が盛り上がり、上卦の陰を衰えさせる、つまり、大なるもの(陽)が長じて壮んになるので、大壮というのです。また、上卦の雷が、下卦の天の上にあり、天上に雷が鳴り響いて盛大であるのが大壮です。積極果敢に進む勢いのいいときですが、暴走のおそれもあります。十二消長卦の一つで、旧暦の二月にあたります。

運勢
何でもやりたくなり、気のはやるとき。騒々しく、争いごとが起きやすいから注意。短気を起こして暴走しないこと。よくみえても、中身が伴わないことがある。無理難題を持ち込まれることが多い。大望をもつが、力量不足なので慎重を期すこと。落ちついて一歩引いて行動すべき。軽挙妄動すると失敗する。現在はよいが、将来衰運となるので、乗り切る心構えが必要。交通事故に注意。住居の不安あり。

爻辞(三爻)
小人は盛んな勢いにまかせてつき進むが、君子はそんなことはしない。正道を守っていてさえ危ういのだ。牡羊が突進して垣根に角をひっかけて苦しむようなものだ。